• イベント
Tittle

K.I.S.S.#52

Data
2018年06月09日 OPEN/START 22:00

前売 3,000

1Drink

当日 3,000

2018/06/09(Sat)「K.I.S.S.#52〜”GAGLE / Vanta Black” Release Party In Fukushima〜」
Open 22:00 (Adm)3000yen.1Drink (Door)3000yen

(Special Guest Live)GAGLE【JazzySport】
(Guest)ENCOUNT MC'S,DJ SEEYA
(Resident DJ)STILLMOMENT,MONKEY Sequence.19,SIO aka Salty Dub
(Dance)Outside Elements,さゆじ
(Food)Les Cartes Club

【GAGLE(ガグル)バイオグラフィー】
1996年結成。DJ MITSU THE BEATS, HUNGER, DJ Mu-Rの3人からなる仙台在住のHIP HOPアーティスト。
2001年「BUST THE FACTS」でデビュー。
時代とリンクしながらも譲らない曲制作と高い音楽性、卓越したライブパフォーマンスで着実にファンを獲得している。
数々のライヴイベント、音楽フェスティバルの出演を経て、2018年1月12日待望の6枚目のアルバム『Vanta Black』をリリース。
http://www.gagle-official.com/

Vanta Black(ヴァンタ・ブラック)
前作からのインターバルとなるこの4年間、GAGLEは全国各地でのライブ・パフォーマンスは元より、本作にも収録されている「Bohemian Style」のアナログ7inchリリース、バスケットボールチーム89ersのオフィシャルソング『ALL OUT』をCDシングル・リリースする等、精力的な活動を展開。HUNGERはモンゴル、アメリカ、オーストラリア、タイ、韓国、日本の6カ国のアーティストとのコラボレーションも展開したソロ・アルバム『SUGOROKU』を2016年にリリース、RHYMESTERの最新アルバム『ダンサブル』収録の「爆発的」をはじめ、Featラッパーとして数多くの作品で客演。DJ Mitsu the Beatsは、世界的トランぺッターとして活躍する黒田卓也とのコラボレーション『Autumn Leaves』、『Celebration of Jay』や『Beats Installments』シリーズ・アルバム2作品と、ソロ作をワールドワイド・リリース。
DJ Mu-Rも、Mix CD作品のリリース,DJ活動の展開、と各メンバーのソロ・ワークやサイド・プロジェクトも精力的に展開してきた。そして、この4年間の音楽的な進化、更なるメッセージの広がりと深み…再び怪物的な成長を遂げたGAGLEの集大成として届けれたのが、本作『Vanta Black』。文字通り新しい領域の”黒”ミュージックへの挑戦となる。アルバムはDJ Mitsu the Beatsによるプロデュース作品を中心に展開。ソウル、ジャズをはじめとするブラック・ミュージック・ルーツなサウンド/ムードを軸に、ダブ、エレクトリック・サウンド、ハウス/ディスコ、ワールドミュージック等を取り入れた多彩な音楽性、革新的なビート/グルーヴ・サイエンスを展開した、刺激的なサウンドになっている。ゲストミュージシャンには黒田卓也、金子巧(cro-magnon)が参加。
ハープ、オルガンが温かく雄大なムードを色づける「Vanta Black」に始まり、エキゾチックなリズムに鎮座DOPENESS 、KGE THE SHADOWMENとのスリリングなセッションが繰り広げられる「和背負い」、黒円盤=音盤=音楽への愛と想いと共に”Life With Music”をソウルフルに唄う菅原信介をFeatした「小こい円盤」、そして Mitsuyoshi Nabekawa (ATATA)によるシンガーソングライター的歌世界とヒップホップの融合がハートフルに展開される「日日Living」、そしてGAGLEの音楽人生の集大成ともいえる名曲の風格を漂わせる「Always」迄。
珠玉の12曲の音の旅路が、ここに温かく刻まれている。アートワークは2007年リリースの3rd アルバム”3 PEAT”以来となるQUES(BRAINFEEDER)が担当。

トラックリスト
01. Vanta Black
02. Grand Gainers (Album Version)
03. 適者生存
04. Bohemian Style
05. 和背負い feat. KGE THE SHADOWMEN & 鎮座DOPENESS
06. 小こい円盤 feat. 菅原信介
07. うつろぎ
08. Black Rose
09. ?!!Chaos!!?
10. 日日Living feat. Mitsuyoshi Nabekawa (ATATA)
11. Flow
12. Always

---

【ENCOUNT MC'sバイオグラフィー】
数多くの実力派HIPHOPアーティストを生み出す「 杜と音楽の都、仙台」。
その仙台で長きに渡り活動をしてきた3人のラッパー(mica the bulwark ,MONOm.i.c ,JANS)がタッグを組み、 1つの強力なTRIOを完成させた。SOUND MARKET CREWのフロントMCとしてのEP、ALBUMリリースや、 同郷GAGLEのアルバムや、DJ Mitsu the beatsのアルバムへの参加経験を持つMC mica the bulwark。Breathpodのラッパーとして2枚のアルバムをリリースしているMONOm.i.c。
彼はトラックメイカーとしても奇才ぶりを発揮。
MONKEY_ Sequence.19とのユニット「MONO × Monkey」としてGAGLE HUNGER主催のレーベル松竹梅レコードよりフルアルバムをリリースした。UMB2011宮城チャンピオンでもあり、 OVELEXというグループに所属するJANSは今、東北で最もアブラの乗っているMC。
その3人が集い製作された1st EP「ENCOUNT ep1」トラックメイカーにはMONOm.i.cはもちろんの事、1st ALBUMのヒットで衝撃的なデビューを果たした6th Generationや、ライムスター、GAGLE、COMA-CHIへの楽曲提供等、国内外から注目を集めるMONKEY_sequence.19が参加!

【DJ SEEYA(Move On Up!/Unbeaten)バイオグラフィー】
福島県は福島市を拠点とするDJ・オーガナイザー。
Rare Grooveを軸としたソウルフルかつエッジの効いたDJ PLAYを信条とし地元をはじめ県内外で活動。
ジャンルの垣根を越え、様々なアーティストとリンクし数多の記憶に残る時間を演出するなど、長年地元シーンの発展に大きく貢献している。東北”Fu(n)kushima”の屋台骨。

top5

IMPACT

2018年10月21日


SUN vol.8

2018年10月26日


Groovy Flavor

2018年10月27日


RUFF RIDE!! vol.3

2018年11月07日


RHYTHM

2018年11月09日